ダイエットに励む意義について

Posted 12月 11th, 2014 by user

私は常にダイエットを意識しています。

ダイエットをすると自分に自身が持て、自尊心も高まって、
自分を律する強い人間だという
認識が持てるのが強みです。

太っていると、特に体脂肪が多いと、
生活習慣病はともかく、日常の動作もおっくうになり、いいことはありません。

とくに糖尿病は恐ろしく、気づかないうちに進行することが多く、
気がつくと合併症に陥り、腎臓、目、足とかに障害が出て
週3回透析を余儀なくさせられ、水分制限、蛋白制限とさらにつらい制限が待っています。

それゆえに、常日頃から節制をして、
できるだけ3度の食事以外は口にしないことを意識づけることがいかに
重要かがわかります。


その食事の内容も主食は極力ご飯にし、
パンは体を冷やし、太りやすい要素をふんだんに含んでいることからおすすめできません。

あと揚げ物とかばら肉とかも控え、高たんぱく低カロリーの食事がおすすめです。

とくにささみとまぐろはおすすめです。
まぐろの血合いは安くていいですよ。

あと間違った素人療法は危険です。
単品ダイエット、食べない方法とか。

それらは短期間で一時的に痩せるかもしれませんが、
必ずリバウンドするし、減ったのは体脂肪だけでなく、
筋肉や水分もかなりへっています。

ダイエットは一生続ける方法でやるべきです。
食事制限が大きな要素を占めていますが、
加えて有酸素運動、筋力トレーニングの3つのセットを忘れないでください。

どれか一つでも欠けと成果は出にくいです。
できればスポーツクラブに入会してプロの指導を仰ぐことをおすすめします。

正しい方法で行わないと、後々困りますし、危険も潜んでいます。

それからマンツーマンの制度があれば、費用はかかりますが、
そちらを活用されることをおすすめします。

一生の財産になります。

Comments are closed.